「NLPって、人間関係を良くするのにつかえるの?」と女性が興味を持ったとき手に取ってみたいのがこちら。

堀井 恵著、恋も仕事もあきらめない―NLPで身につく5つの人間関係術

堀井 恵著、恋も仕事もあきらめない―NLPで身につく5つの人間関係術

NLPのさまざまなテクニックがストーリーで紹介されていて、取っつきやすいうえに「使える」セリフ満載のお得な本です。

しかも、テクニックの紹介にとどまらず、NLPのコアになる価値観−それは肯定的意図であり、アウトカムであり、信念・価値観であるわけですがをイヤミ無くとりいれているところが素晴らしいですね。

ただ、一方でストーリーの会話は、いわゆる「うざったい」ものもあるので、このまま応用するのは考え物。

女性は違うのかもしれませんが、男性だったらここまでバックトラッキングをされたら、かなりイヤなものですよ。

以下、ポイントを。

●アウトカムを明確にする8つの質問
私の欲しい成果はなに?
もし成果が手に入ったら、どのように分かる?
成果は、いつ、どこで、誰と作る?
成果を手に入れることは、私の日常生活にどんな影響を与える?
 周囲の人達は?自分自身は?人間関係は?
私がすでに持っているリソースは?
現在、成果を手に入れるのをとめているものはなに?
成果を手に入れることは、私にとってどんな意味があるのだろう?
では、始めの行動は?まず何から始める?

●As if フレームで相手の意欲を引き出そう
「もしできたとしたら、どう?」と聞いてみる

●NLP基本前提
1. 人はエクセレントライフを送るために生まれてきている。人は必要なリソースをすべて持って生まれている
 People already have the resources they need for thier Excellent Lives.

2. コミュニケーションはつねに繰り返し起きている (言葉プラスVAK)
 Communication is redundant

3. どんなことでも適当なサイズ(チャンキング)にすれば、達成可能である
 Chunking  Anything is possible by chunking down to appropriate size.

4. すべての人の行動の裏側には肯定的な意図がある
 Positive intent Behind every behavior is a positive intent

5. 誰かにできることはモデリングすることで可能になる。誰でも何でもできる
 Anyone can do anything by modeling others

6. 人はいつでもベストの選択をしている
 People always make the best choice available to them at all time

7. 失敗はない、そこには学びがある
 There is no such thing as failure, only feedback

8. あなたのコミュニケーションの意味は相手の反応で分かる
 The meaning of your communication is the response that you get.

9. 人は自分のマップで現実に反応していて、現実そのものに反応しているのではない
 People respond to their map of reality, no to reality itself.
  地図は実際の地形ではない
  The map is not the territory.

前ページ
石井 裕之著、コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)を読む
次ページ
坂口 菊恵著、ナンパを科学する ヒトのふたつの性戦略を読む
 
  コミュニケーション・セミナーのページに戻る