「帰納法の三大チェックポイント」シリーズ、
帰納法とは何ぞやを押さえた上で、今回から三つのチェックポイントを解説します。

具体的には、

 i) 過度の一般化
 ii) ゆるい共通項
 iii) 因果関係のとり違い

です。

実例からロジカルシンキング帰納法を確認

とはいえ、これだけでは分からないので、実例を交えてみていきましょう。
舞台は、「株式会社スロービズ」の新規ビジネス立案プロジェクトチームです。
//clo.ofsji.org/slobiz.php#shokuiku

「食育」をテーマにしているところですが、競合を調査してみると
こんなことが分かってきました。

—————————-
a) 「ペコちゃん」の不二家は食育の先端的な取り組みをしている
  企業であり、この3年間業績も増収増益だ

b) 「白い恋人」の石屋製菓は食育の先端的な取り組みをしている
  企業であり、この3年間業績も増収増益だ

c) 三重県の郷土銘菓「赤福」の「株式会社 赤福」も食育に取り組んでおり、
  しかも3年間増収増益だ
—————————-

さあ、これらの情報をまとめると、要するに何が言えるか?
「帰納法」で、つまり、これらの情報の共通点に注目して考えてみましょう。









ロジカルシンキング帰納法、要するに?

たとえば、こんな「要するに」、共通点が出てきたのではないでしょうか。
—————————-
 (ア) 増収増益をしている企業は、食育に取り組んでいる
 とか
 (イ)食育は、企業業績の向上につながる
—————————-

なんて思わず言いたくなるかもしれません。
いかがでしょうか。

でも、これ、聞き手の立場に立ってみるとどう思うでしょう?
どんなツッコミが入るかを今度は考えてみましょう。
解説は次回!

前ページ
ロジカルシンキングの帰納法 第2回 「帰納法」を使いこなす司馬遼太郎先生を読む
次ページ
ロジカルシンキングの帰納法 第4回 「ありえね~」と笑いたくなる過激な一般論を読む
 
  ロジカルシンキングのページに戻る