「事実の三大チェックポイント」、まずは1つ目の「事実の誤認」から。

ロジカルシンキング「事実の誤認」~両替機の罠

 その日は月末だったので、銀行のATMは長蛇の列。しかも振込の
 人が多いらしく、なかなか前に進まない。イライラして待ってると
 列を無視して空いたATMに割り込むアンポンタンが一人。

 「ちょっと!並んでますよ!割り込まないでください!!」

 とビシッと言ってやりましたよ。
 まったく、無軌道な若者には困ったものですね。

 ところが。

 その人の向かった先の、ATMに見えたのは実は両替機。

 当然のことながら、振込の人もお金をおろしに来た人も両替機には
 用がなく、ぽっかりと空いていたのです。

 そりゃ、両替に来た人は、フツーに両替機に向かいますよね。だって
 空いているんだもん…

 その人に「割り込まないでください!」と厳しく言ってしまった
 ワタクシの立場は…
——————

と、今思い出してもばつが悪くて冷や汗が出る体験です。

ロジカルシンキングの「事実の誤認」はただの「勘違い」

これはもう単純な「勘違い」と言ってもいいと思うのですが、
要するに「事実」と思っていたものが「事実」じゃなかった、ということ。

先ほどの両替機の罠じゃないですけど
日常生活でもビジネスでもよくあります。

「事実の誤認」をロジカルに考えてみる

先ほどの両替機の罠を論理的に整理するならば、

 「主張」(ポイント:P)  その人の行動を変えるため、厳しく注意すべきだ
    ↑
 「根拠」(グラウンド:G) ATMの空きを待っている行列を無視して割り込んだ

となります。

ところが、「事実」と思っていた「無視して割り込んだ」ということが
実は誤認だったものだから、全く論理的な主張になっていないのです。

まあ、ここまで恥ずかしい思いをするのはマレかもしれませんが、でも
実際のビジネスでも起こっているかも。

「株式会社スロービズ」の新規ビジネス立案プロジェクトチームを題材に考えてみましょう。

前ページ
ロジカルシンキングの事実(ファクト)とはを読む
次ページ
訂正とお詫び:前回の「帰納法」シリーズに関してを読む
 
  ロジカルシンキングセミナーのページに戻る