なでしこジャパンの佐々木監督、カッコイイですよね~。

私の「理想の上司」ナンバーワンです。あ、別に今のボスがイヤというわけではないんですけど(笑)。

時間があったら、年間最優秀女子代表監督賞の受賞スピーチを見てください。

言語明晰で、しびれますぅ~。

マジメな話、こういう風に自分の考え・想いをちゃんと言葉に出来るというのは、リーダーとして必要だと思うんですよね。

人間関係が希薄になりがちな今の時代だからこそ、言葉の力で「あの人の下で働きたい」と相手に思わせることがますます大事になってきているんでしょう。

そして、もしそんな姿に憧れるなら、ぜひオススメしたいのがロジカルシンキング・カレッジのセミナー。

なぜって、ロジカルシンキングといっても、そんじょそこらのとはひと味違うんです。

だって、「相手を動かす」コミュニケーションに特化しているんですから。

そう、ロジカルシンキングというと、ともするとクールに分析的な話と思うじゃないですか。

でも、組織では、人を動かしてナンボ。そのためのロジカルシンキングの「ほんとうに使える」技術が学べるんです。

なので、部下がいる人にはとくにオススメ。もちろん、後輩や同僚、周りの人に言語明瞭にメッセージを伝えたいという人にも参考になります。

あ、もちろん、佐々木監督のように女子に囲まれて仕事をしている方にもオススメかもしれません(笑)。

ビジネスですからロジカルじゃなきゃダメなんですが、ロジカルだけでもダメですからね~

前ページ
ロジカルシンキングの実践的な使い方 第15回 新入社員にコッソリ耳打ちする「社内営業」を読む
次ページ
ロジカルシンキングの実践的な使い方 第17回 意外なくらいリスクが高い「エレベーター」を読む
 
  論理的思考力 セミナーのページに戻る