さあ、今回から新シリーズ、
「事実の三大チェックポイント」のはじまりです。

新しい話のようですが、
「演繹法の三大チェックポイント」、「帰納法の三大チェックポイント」と
全く別の話題になるわけではありません。

ロジカルシンキング五つの三大チェックポイント

というのも、

「事実の三大チェックポイント」
「演繹法の三大チェックポイント」
「帰納法の三大チェックポイント」

このどれもが「論理的なコミュニケーションのファイブ・トリプル」、
つまり、五つの三大チェックポイントの中に入っているからです。

そう、

a) 演繹法の三大チェックポイント
b) 帰納法の三大チェックポイント
c) 事実の三大チェックポイント
d) 枠組みの三大チェックポイント
e) メッセージの三大チェックポイント

と言うものでしたね。

今回は、
c) 事実の三大チェックポイント
を扱うシリーズです。

ロジカルシンキングの基本から見ると…

もしくは、論理的なコミュニケーションの基本である、
「主張と根拠を分ける」という観点で整理すると、

「主張」(ポイント:P)
    ↑         ←a)演繹法、b)帰納法
「根拠」(グラウンド:G) ←c) 事実

となり、「演繹法」、「帰納法」が
主張と根拠の間の関係をチェックしているのに対し、
「事実」は根拠にフォーカスをあてていると言えるでしょう。

ロジカルシンキング「事実の三大チェックポイント」とは

具体的には、
「事実の三大チェックポイント」には
 i) 事実の誤認
 ii) 事実の読み違え
 iii) 不適切なサンプリング

の3つがあります。

ロジカルシンキングにおける事実の誤認

「事実の三大チェックポイント」の1つ目、事実の誤認から。

これは、ちょっとした事件を例に考えてみることにします。

以前、大行列している銀行のATMの列に
シレっと割り込んできたアンポンタンがいました。

「ちょっと!並んでますよ!割り込まないでください!!」

とビシッと言ってやりましたよ。

周りの人もみんなスカっとしたハズだと思いきや
どうなったのかというと…

「事実の三大チェックポイント」の1つ目、事実の誤認
という観点から想像してみてください。

続きは次回。

前ページ
ロジカルシンキングの事実(ファクト)とは第12回 マナマナ 脳は「のび太」だを読む
次ページ
ロジカルシンキングの事実(ファクト)とは第2回 超こっ恥ずかしい銀行での事件を読む
 
  ロジカルシンキングのページに戻る