ロジカルシンキングで「イシュー」という言葉があります。「論点」とか「議題」と訳されることが多いかと思いますが、このイシューこそが一番肝心なのだと主張する本がこちら。

安宅 和人著、イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

著者の安宅先生は、もともとは脳科学の研究者だったとのことで、科学の事例がたくさん出てきますし、カタカナ用語も多いので、必ずしも初心者向けの本ではありません。なので、中級者の方が、ちょっと視点を拡げたいという時に読むのがお勧めかと思います。

●「イシューからはじめる」アプローチ
イシュードリブン
仮説ドリブン1
仮説ドリブン2
アウトプットドリブン
メッセージドリブン

●よいイシューの3条件
1. 本質的な選択肢である
2. 深い仮説がある
 構造的な理解の4パターン
  共通性の発見
  関係性の発見
  グルーピングの発見
  ルールの発見
3. 答が出せる

●イシュー特定のための情報収集のコツ
1. 一時情報に触れる
2. 基本情報をスキャンする
3. 集めすぎない・知りすぎない

●イシュー特定の5つのアプローチ
1. 変数を削る
2. 視覚化する
3. 最終形からたどる
4. so what?を繰り返す
5. 極端な事例を考える

前ページ
狩野 みき著、世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業を読む
次ページ
野矢 茂樹著、論理トレーニング101題を読む
 
  イシューをおさえたロジカルシンキングのページに戻る