セミナーでロジカルシンキングを身につける
ブログ

交渉による合意の形成

ロジカル交渉術誌上セミナー 第22回 意外と大変な味方との交渉

「交渉による合意の形成」シリーズその2、「メンツ・ファクター」が 意外と合理的なんだよ、と言うその理由は…  敵との交渉よりも、味方との交渉の方がたいへんだから いや、敵、味方という表現はあまり良くないのですが、たとえば …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第21回 売上の配分比率でケンカするパートナー

「交渉による合意の形成」シリーズその2、昨日は「メンツ・ ファクター」という、あまりに人間らしい感情を見ました。 実際にこれ、経験したことある人もいるんじゃないでしょうか? たとえば、ビジネスで、パートナーと売上を配分す …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第20回 誰もが忘れちゃいけない「メンツ・ファクター」

「交渉による合意の形成」シリーズその2、「交渉の黄金公式」、 すなわち、  交渉のカードから得られるメリットの合計 > BATNA のときに交渉は合意に至ることを見てきました。 ところが、プラスアルファで考えたいものがあ …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第19回 会議で合意を形成する「黄金公式」

「交渉による合意の形成」シリーズその2、BATNAという コンセプトを会議にあてはめるとどうなるでしょうか? 全員が一つの結論に合意できる、つまり合意を形成できるのは、 一人ひとりの参加者が、  交渉のカードから得られる …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第18回 交渉で絶対忘れていけないBATNA

「交渉による合意の形成」シリーズその2、BATNA (バトナ)という コンセプトを紹介しましたが、「なーんだ、簡単」と思うかもしれま せん。 でも、実際の交渉に臨むときにBATNAを意識していない人は多いもの。 そのせい …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第17回 ギリギリ譲歩をためされる砂漠のオアシス

「交渉による合意の形成」シリーズその2、BATNA (バトナ)という コンセプトを紹介しましたが、今日はこの実例です。 砂漠のオアシスでジュース売る屋台のオヤジと旅行者のこんな会話を 思い浮かべてください。 ジュース売り …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第16回 意外と知られてない譲れないライン

今日から「交渉による合意の形成」シリーズその2です。 先週お送りした「その1」シリーズでは、「交渉のカード」をキー コンセプトに概要を見ましたが、このシリーズでは交渉のテクニカル <技術的>な側面にも踏み込みます。 まず …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第15回 「タフ・ネゴシエーター」って、誰?

週に一度の「ファシリテーションの学び方を学ぶ」、略してマナマナの コーナーでは、ファシリテーションスキルを簡単に高めるコツを紹介します。 これまで「交渉による合意の形成」シリーズ、いろいろと見てきましたが、 いかがでしょ …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第13回 会議の大義はどこにある?

「交渉による合意の形成」シリーズ、実際のビジネスの場面で、 「複数カード交渉」にすることで合意形成に近づいてきました。 頭を働かせればいろいろと「交渉のカード」、つまり条件はある ものですが、忘れてはいけないのが「大義」 …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第12回 オーナーに評価されるとオイシイ会社

「交渉による合意の形成」シリーズ、実際のビジネスの場面を想定 しながらいかに合意を形成するかを考えています。 「汚れ仕事」を押しつけあうという不毛な「1カード交渉」にどんな カードを追加できるか? たとえば、ファシリテー …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第11回 「汚れ仕事」を押しつけあうダメ会議

「交渉による合意の形成」シリーズ、「砂漠のジュース売り」を題材に 基本的なコンセプトを押さえたところで、実際にビジネスの現場に あてはめる例を見てみましょう。 題材は、【クリーム・ウーロンソーダ異物混入事件】です。 ht …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第10回 カードを開かせるビジネス・ファシリテーター

「交渉による合意の形成」シリーズ、自分の「手札(てふだ)」を隠すのが ポーカーに勝てるプレイヤーという話をしました。 これを交渉に応用するならば、自分の「交渉のカード」と、どれをもっとも 優先しているのかを見せない方が良 …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第7回 交渉できないコダワリだってある

「交渉による合意の形成」シリーズ、「カード」、すなわち条件を追加する ことによって「ゼロサムゲーム」を「プラスサムゲーム」に変えて、 結果として合意の形成に至ることを見てきました。 ところが、実はこれ、前提条件があるんで …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第6回 いくらでもある交渉のカード

「交渉による合意の形成」シリーズ、昨日は交渉で「カード」、すなわち 条件を追加することによってパイの大きさ、つまり全員のハッピー度合を 大きくできることを見ました。 ジュース売りの例に戻ると、「カード」は多ければ多いほど …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第6回 みんながハッピーになる本当の交渉

「交渉による合意の形成」シリーズ、「損益分岐点」というコンセプトに より、屋台のジュース売りにとっては一度で倍の売上を計上できるのは ハッピーであることが分かりました。 一方、旅行者は? もちろんハッピー。 1杯80円で …

交渉をまとめる秘密のカード

「交渉による合意の形成」シリーズ、昨日は典型的なゼロサムゲームを ジュースの値段の交渉を通して見てみました。 では、これをプラスサムゲームに変えるには? ポイントは、交渉の争点、別の言葉では「交渉のカード」と言ったりしま …

シンプルだけど奥が深い値切り交渉

「交渉による合意の形成」シリーズ、まずは典型的な「ゼロサムゲーム」から 見てみましょう。海外旅行に行った人ならイメージがつきやすいと思いますが、 何かを買うときの値切りです。 話を分かりやすくするために、たとえば砂漠のオ …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第8回 交渉する時ポーカーフェイスが有利なわけ

「交渉による合意の形成」シリーズ、最優先のカードがぶつかって しまうと交渉での合意は難しいことを見ました。 ところが、交渉上手な人というのは、これを上手に使うのです。 自分が最優先するカードは決して相手に悟らせない…どこ …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第4回 屋台のオヤジだって知ってる損益分岐点

「交渉による合意の形成」シリーズ、昨日は「1カード交渉」を「2カード 交渉」にすることによって、ゼロサムゲームをプラスサムゲームに変える ことを見ました。 その際に、「屋台売りはハッピーか?」という疑問を投げかけましたが …

ロジカル交渉術誌上セミナー 第9回 事前に決める「ノーセイ条項」

「交渉による合意の形成」シリーズ、自分のカードを隠したり、 どれが最優先のカードなのか、ワザと相手が誤解するようにしむける ことが、「勝てる」交渉者であることを見ました。 これを実際の交渉という緊迫した場で実践するために …

1 2 »
PAGETOP