職場のコミュニケーションで悩む時ってありますよね?

そんなとき、ぜひぜひ手に取っていただきたいのがこちら。

一見すると男女のコミュニケーション(要するに、女の娘の口説き方)に見えますが、実はけっこう深いです。

石井 裕之著、コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する

●潜在意識がいちばん大切にしているのは「自分を守ること」

●ラポールを築く
 「相手を導きたい。けれどもその気持ちを捨てることで、余裕が生まれてくる。
相手もその余裕を感じ取るわけです。
 潜在意識レベルの反応を観察する
  視線
   快情報、不快情報を視野空間のどこと結び付けているか
  呼吸
   「息を吐ききって、吸いに入る直前の一瞬は非常に無防備な状態になる」

●タイプ分け (ジョン・G・キャパス→石井理論)
 P(Physical)タイプ→Weタイプ    E(Emotional)タイプ→MEタイプ

●ダブルバインド(セラピューティック・ダブルバインド、エリクソニアン・ダブ
ルバインド)
 自分の要望することを前提として話を進める
 少しだけオーバーな提案をする
 多重バインド
 わざと間違える (契約書にサインする時鉛筆を渡す)
  誘導したい結果(相手に納得させたいこと)をわざと相手に言わせる
 焦点をはずした疑問を投げかける (天然水のおいしいビール…)

●分離法
 本来は1つであるものを、概念のうえで分離することによって相手の心理を誘導
していく
  奔放な自分と真面目な自分
  言っていいことと言っていけないこと
  感覚器官(モダリティ)を分離する
  位置、場所のせいにする

●結合法
 連続技でノーと言いにくくする
  複雑になればなるだけノーと言いにくくなる
   「そのおもちゃをかたづけてから、新聞をとってきて」
  意外なもの同士を結合させてケムに巻く
  イエスセット
  思う存分ノーを言わせて誘導するノーセット
   「受け入れてばかりでは相手の言いなりになってしまう」などと言うカウン
セラーや治療家がいます。子どもの教育においても、受け入れてやるだけでは自分
勝手に育ってしまうなどと真顔で言う教育者もいる。相手を導く力を持っていない
から、そんな弱々しいセリフが出てくるのです。(中略) 逆らうこともまた、自分
を守ろうとする精一杯の試みなのです。(中略)普段は受け入れられない「ノー」を
すんなり受け止めてやることで、少なくとも潜在意識的には「おや?この人はみん
なと違うぞ」という気にさせることができるのです。

●混乱法
  虚をつかれると心に隙ができる
  ハンドシェーク・インタラプション
  あいまいな表現でディテールは勝手に想像させる
  あいまいさとはつまり、こちらの考えを押しつけるのではなく、相手を自由な
個人として認めてあげる

●サブリミナル話術
 カギカッコ法
 メタファー (ライター話法)
 マイ・フレンド・ジョン

前ページ
松橋 良紀著、あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルールを読む
次ページ
堀井 恵著、恋も仕事もあきらめない―NLPで身につく5つの人間関係術 を読む
 
  コミュニケーション・セミナーのページに戻る