「また、チャラいタイトルの本だよ、どうせ中身はスカスカなんだろうなぁ…」と、手に取ったが良い意味で裏切られた良書。

偏見おわびします。さすが三笠書房。さすが清水さん。

鶴野 充茂著、頭のいい説明「すぐできる」コツ―今日、結果が出る!

鶴野 充茂著、頭のいい説明「すぐできる」コツ―今日、結果が出る!

評価は

★★★★☆ (購入して読む価値あり)(評価の基準はこちら)

メインは論理的なコミュニケーションで、そこに相手の気持ちを動かすためのネタがちりばめられています。

いろんなテクニックが詰め込まれている分全体としての整合性(cohesiveness)は弱いのですが、むしろ、どれか一つでもいいからテクニックを使ってみる、というスタンスで読むのがいいかもしれません。

前ページ
ロジカルシンキング参考文献 第9回 田嶋幸三著、「言語技術」が日本のサッカーを変えるを読む
次ページ
ロジカルシンキング参考文献 第11回 松林 博文著、クリエイティブ・シンキング―創造的発想 力を鍛える20のツールとヒントを読む
 
  頭の良い説明のためにはロジカルシンキングのページに戻る