社内の仕事の流れを説明するバリューチェーン

ロジカルシンキングのフレームワーク バリューチェーン
バリューチェーンは会社の中の仕事の流れを説明するフレームワークであり、具体的には

  • 主活動
    • 購買物流
    • 製造
    • 出荷物流
    • 販売・マーケティング
    • サービス

  • 支援活動
    • 全社管理(インフラストラクチャ)
    • 人事・労務管理
    • 技術開発
    • 調達活動

からなります。

一見すると単純ですが、どのパートの活動がが一番売上アップに貢献するか、などを考えることで社内の仕組みを再構築する際に役立ちます。逆に、売上アップに貢献しない、すなわち価値の低いプロセスは外注化することが考えられます。

もともとはマイケル・ポーター米ハーバード・ビジネススクール教授が考案したものですが、その使い勝手のよさから、ひとつの会社の内部という枠を超えて、業界全体のビジネスの流れを指すこともあります(厳密には、これは「インダストリー・チェーン」と呼ばれます)。

ロジカルシンキングとバリューチェーン

バリューチェーンは、ビジネスの8大フレームワークの中でも他のものとはちがい、プロセス(仕事の流れ)で考えています。そのせいもあってMECEになっているため、
題解決の際の分析の切り口としては極めて有効です。

一方で、ロジカル・コミュニケーションの際には、根拠を整理する枠組みとして使われることはほとんどありません。

前ページ
ロジカルシンキング用語集第24回 フレームワーク編3:マッキンゼーの7Sを読む
次ページ
ロジカルシンキング用語集第26回 フレームワーク編5:マーケティングの3Cを読む
 
  論理思考研修のページに戻る