何と言っても表紙のネコのイラストが可愛い論理思考の本です。

後 正武著、わかる、使える「論理思考」の本

【マーケティングのポイント】
●表紙の猫がかわいい

●クシャミ先生、イナリ君の対話形式は一見取っつきやすい

●論理学を援用して権威感を演出している

●小見出しは、質問型(サマリー型)

【目次】

  • 論理の基本を知っておこう
    • 論理の基本単位は、主語と述語からなるメッセージ(命題)である
    • メッセージをピラミッド型で組み立てる
    • メッセージの上限関係を考える
    • 上位のメッセージを支える下位のメッセージはモレなく重複なく構成する<水平関係>
    • 最下部のメッセージは、事実か、誰もが納得する蓋然性の高いメッセージであること
  • 演繹法を使いこなそう
    • 風鈴はロジックではない
    • 前提にはいろいろな種類がある
    • 前提を疑ってかかる
    • 前提は事実の裏付けをもって常に確かめていることが必要である
    • 仮説をおいて考える
  • 帰納法を使いこなそう
    • 同質なものを機能して共通項を見いだす単純な帰納
    • 異質のものを組み合わせて帰納する複雑な帰納
    • モレなく重複なくすべてを網羅する
    • 枠組みで考える
  • 課題を解決しよう
    • 基準を作って比較する
    • 枠組みを考える
    • 表を活用する
    • イシューツリーを展開する
    • 数字の考え方を援用する
  • 論理の限界を考える
    • 言葉の持つ限界
    • 言葉の意味を考える
    • 数理はなぜゼッタイに正しいのか
    • ロゴス(知性・理性)の世界とパトス(感性)の世界
    • 未来には事実がない
    • 人間の意志の問題
  • 論理的なコミュニケーションを学ぼう
    • ロゴスのコミュニケーションとパトスのコミュニケーション
    • 起承転結と論理の関係
    • 論理の骨格を踏まえたコミュニケーション
    • 結論を先に言って、理由をあとに言う
    • 相手の論理の構造を正しくつかむ演習
前ページ
細谷 功著、地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」を読む
次ページ
高杉 尚孝著、論理的思考と交渉のスキルを読む
 
  ロジカルシンキングのページに戻る