ちょっと固い本ですが、体系的にロジカルシンキングを使った問題解決が学べるのがこちらの本。

猪原 正守著、問題解決法―問題の発見と解決を通じた組織能力構築 (JSQC選書)

●問題解決の目的
顧客価値の極大化と資源極小化
継続的な新製品開発
プロセス管理計画の策定
業務プロセスの見える化
環境変化に対応した組織構造の変革
再利用可能な知の獲得
組織能力の向上

●問題の分類
あるべき姿のあり方・問題解決の視点による分類
 発生型問題
  原因追求型問題
  手段発想型問題
 設定型問題
  課題達成型問題 「なにを、どうすればよいか」
  目的探索型問題 「何を目的として設定するか」

現状との比較による分類
 維持問題
 改善問題
 現状打破問題

問題の特性による分類
 ゼロ問題
 提言問題
 増加問題

 平均値の問題
 ばらつきの問題

問題発生のあり方による分類
 発生の頻度
  連続発生型問題
  離散発生型問題
 
  突発的問題
  慢性的問題

問題の重要度による分類
 重要問題
 致命的な問題
 突発問題

問題の対象による分類
 特性(QCDSME)に関する問題
 要因(5M1E1T)に関する問題

業務レベルによる分類
 プロセス問題
 管理問題
 調整問題
 適応問題
 変革問題

マネジメント要素による分類

推論法による分類
 帰納的問題
 演繹的問題
 説明仮説形成的問題

前ページ
諏訪 良武 著、たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出すを読む
次ページ
高田 貴久、岩澤 智之著、問題解決――あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術を読む
 
  ロジカルシンキングを使った問題解決のページに戻る