ビジネスライティングで人を操る

メンタリストのDaiGoさんはご存じでしょう。テレビ番組で、相手の考えていることをピタリと当てるパフォーマンスを披露して大人気の方です。そんなDaiGoさんがビジネスライティングについて書いた本ならば、思わず手に取りたくなるのではないでしょうか。ましてや、それが「人を操る」方法を説明しているのであればなおさら。

それが、人を操る禁断のメンタリズム文章術

本を開くと最初のページにこんな質問が出ています。

「あなたの思う、世界最高の美女とは?」

実はこれ、文書が持つ強い力を表すもので、その理由が5ページで明かされています。それが、「ある言葉を目にすることで、人は想像し始めます」というもの。そして、そのイメージが行動のための原動力になるわけで、ここに「人を操る文章術」のキモがあるとのこと。

ライティングに必要な3つの「書かない」

そして、この文章が持つ力を開放するコツは、3つの「書かない」に集約されるとのこと。いわく、

  • 原則1:あれこれ書かない
  • 原則2:きれいに書かない
  • 原則3:自分で書かない

とくに原則3の「自分で書かない」は「?」と思う方もいるかもしれませんが、要するに「相手の立場に立って書く」と言うことで、ご興味がある方は本書の77ページをご覧下さい。一つだけヒントになる文章をピックアップすると、

これを読むのはどんな人か、どんな人達かを十分に調べておくこと。ペンを持ったり、キーボードを打つのはその後です。

となります。

以下、細かいテクニックをいくつか紹介します。

●気むずかしい上司を動かすのは「普通の人だったら」

●相手の悩みを当てるHARMの法則

  • Health
  • Ambition
  • Relation
  • Money

ライティングで人を動かす七つのトリガー

  • 興味
  • ホンネとタテマエ
  • 悩み
  • ソン・トク
  • みんな一緒
  • 認められたい
  • あなただけの

ライティングの5つのテクニック

  • 書き出しはポジティブに
  • 何度も繰り返す(ただし、違う言い回しで)
  • 話しかけるように書く
  • 上げて、下げて、また上げる
  • 追伸をつける

●ツァイガルニク効果
人間は、達成した課題よりも、達成されなかったことや中断されていることをよく覚えている。

目次

  • 第一章:文章が持つ力は無限大
  • 第二章:「書かない」三原則で人を操る
  • 第三章:人を動かす七つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まない
  • 第四章:あとは、5つのテクニックにしたがって書くだけ


画像はアマゾンさんからお借りしました。

前ページ
武器としての書く技術―30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しいマル秘文章術を読む
次ページ
ロジカル・ライティングを読む
 
  ロジカル・ライティングのページに戻る  

人を操る禁断のメンタリズム文章術

人を操る禁断のメンタリズム文章術