ロジカル・ライティングがコンパクトにまとまっていて、初心者にも手に取りやすいのがこの本です。

清水 久三子著、ロジカル・ライティング (日経文庫)

とりわけ、海外とのやりとりの電子メールの話はとくに参考になりました。

●IT時代におけるビジネス文書作成の要件
1.大量の情報洪水に埋もれないわかりやすさを持つこと
2.高度な内容の本質を相手の言葉で伝えること
3.ツールに頼らず本質を際だたせること
4.圧倒的なスピードを付加価値にすること

●ビジネス文書の設計図は「メッセージ」「ストーリー」「構成」

●4つの文書タイプ
-共有
–議事録のフレームワーク
—基本情報
—目的・ゴール
—議事内容
—決定事項

–告知文書
—発信者・受信者
—告知情報
—詳細情報

-報告
–活動報告書のフレームワーク
—目的
—成果・進捗
—活動
—総括
—課題と予定

–調査報告書のフレームワーク
—目的
—方法
—結果
—結論

-依頼
–依頼文書のフレームワーク(英文メールの書き方)
—依頼要約
—依頼理由
—依頼詳細
—ベネフィットまたはリスク
—確認

-提案
–ソリューション提案書のフレームワーク
—現状とあるべき姿
—解決すべき課題
—実現イメージ
—予想効果
—進め方
—信頼性

–企画提案書のフレームワーク
—企画全体像
—企画概要
—進め方
—予想効果
—想定リスクと対応策

●目的設定
1.どんな行動をとってもらいたいのか
2.そのために何を理解してもらいたいのか
3.そのためにどのような状態にするべきか

●感情研究家ロバート・プルチック(Robert Plutchik)氏による感情分類

次ページ
山崎政志著、技術者のための わかりやすく書く技術 ロジカル・ライティング1週間講座を読む
 
  ロジカル・ライティングのページに戻る