セミナーでロジカルシンキングを身につける

製造業向けロジカルシンキング研修

製造業でロジカルシンキング研修を導入している会社は、組織的な問題意識があるケースが多いものです。

アジア諸国との競争で、製品自体は高機能化しつつ低コスト化も求められる。設計から始まって製造・サポートまで業務は複雑化しているのに人員は増えない…。

このような状況の結果、「タコツボ化」とでも言うのでしょうか、同じ職場でもお互いが何をやっているか分からない。ましてや、部署が違えばコミュニケーションをとることすら難しい、こんな悩みが顕在化しています。

製造業のタコツボ化を避ける仕掛け

したがって、これを解決するためのロジカルシンキング研修は、コミュニケーションが中心になる…のは当然として、実は私たちロジカルシンキング・カレッジが研修を提供する場合は、「その前」に仕掛けを入れます。

なぜならば、「タコツボ状態」と問題と捉えているのは、ある程度年配の上級管理職の方だから。ところが、現場のエンジニアや管理職でも初級の方は、何せ入社したときからその状況ですから、「これが当たり前」と思っている場合も少なくないのです。

そんなマインドの人に、「さあ、ロジカルシンキングでコミュニケーションの改善を」と言っても、ピンとこないというのが正直なところでしょう。

そこで、「仕掛け」。

ロジカルな内容に入る前に、「チーム内でコミュニケーションがとれていないと成果が上がらないし、メンバーのモチベーションも高まらない」ことを実感してもらうアクティビティを実践します。

次ページ:「楽しい」だけで終わらせないアクティビティを読む

TEL 03-6686-1808 10:00 – 18:00 (土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

TEL 03-6686-1808 10:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)
運営: シンメトリー・ジャパン株式会社

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP