セミナーでロジカルシンキングを身につける
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 誌上セミナー

誌上セミナー

書評:野口 悠紀雄著、 話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる!

スマホの音声入力って、最近精度が上がってきてかなり「使える」感じです。 この使い方を、「超整理法」の野口悠紀雄先生がまとめてくれたのが、「話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる!」です。タイトルはちょっとあ …

ロジカルシンキング誌上セミナー バリューチェーン

社内の仕事の流れを説明するバリューチェーン バリューチェーンは会社の中の仕事の流れを説明するフレームワークであり、具体的には 主活動 購買物流 製造 出荷物流 販売・マーケティング サービス 支援活動 全社管理(インフラ …

ロジカルシンキング誌上セミナー 利益=売上-費用

儲けを表す損益計算書 利益=売上-費用はもともとは複式簿記の概念です。売上、すなわちお客様からいただいたお金の総額から、費用、すなわち誰かに支払ったお金を差し引いたものが会社の利益であることを意味します。 会計の世界では …

ロジカルシンキング誌上セミナー マーケティングの4P

4Pは、価格、製品、告知活動、販路 マーケティング、すなわち自社の製品やサービスが売れる仕組みを構築する際の、具体的な施策のチェックポイントとなるフレームワークです。 Price (価格) Product (製品) Pr …

ロジカルシンキング誌上セミナー マーケティングの3C

マーケティングの3Cは、自社、競合、顧客 マーケティング、すなわち「自社の製品やサービスが売れるための仕組みづくり」において、ビジネスの置かれた状況を分析するためのフレームワークです。 市場 (Customer) 競合 …

ロジカルシンキング誌上セミナー マッキンゼーの7S

7Sは会社のしくみを網羅したもの 経営コンサルティング会社マッキンゼー社が提唱したもので、「戦略 Strategy」、「組織構造 Structure」、「システム System」、「企業理念 Shared value」、 …

ロジカルシンキング誌上セミナー 戦略のトライフォースモデル

対外、対内、市場選択で戦略を説明するのがトライフォースモデル 戦略のトライフォースモデルとは、企業の「戦略」を下記の三つの要素で表すものです。 対外的に何を提供しているか:誰に、何を、どのように提供しているか 内部でどの …

ロジカルシンキング誌上セミナー ポーターの5F

ロジカルシンキングとマイケル・ポーターの5つの力 「ポーター」はマイケル・ポーター米ハーバード大学教授を指し、「業界がおいしいか、おいしくないか」は5つの力(英語の「Force」)によって決まると提言された。 たとえば、 …

ロジカルシンキング用語集 第21回 帰納法 (きのうほう)

事実の共通項に着目する帰納法 帰納法(きのう)ロジカルシンキングを使ったコミュニケーションの際に使う考え方の一つで、「さまざまな情報の共通項を抽出する」ことによって論を構築する方法を指します。 たとえば、「アリストテレス …

ロジカルシンキング用語集 第20回 演繹法 (えんえきほう)

ロジカルシンキングで主張と根拠をつなぐ演繹法 演繹法(えんえきほう)はロジカルシンキングを使ったコミュニケーションの際に使う考え方の一つで、「世の中ですでに知られているルール」を「事実」に当てはめてに論を展開する方法論を …

ロジカルシンキング誌上セミナー 第19回 ピラミッド・ストラクチャ

ロジカルシンキングのツールピラミッド・ストラクチャ ロジカルシンキングを使ったコミュニケーションの主たるツールとなるのが、ピラミッド・ストラクチャです。 前回も解説したとおり、筋道だって論理的なコミュニケーションの特徴は …

誌上セミナー ロジカルシンキング用語集 第18回 アナロジー思考 (あなろじーしこう)

アナロジーは英語では Analogy。「類推」、「類比」と訳され、アイデアを拡げる際に「似たようなもの」を軸に発想する方法論がアナロジー思考と呼ばれる。 前ページロジカルシンキング用語集第17回 ラテラル・シンキング ( …

誌上セミナー ロジカルシンキング用語集 第16回 考える技術・書く技術 (かんがえるぎじゅつ・かくぎじゅつ)

ロジカルシンキングのベストセラー 「考える技術・書く技術 問題解決力を伸ばすピラミッド原則」(ダイヤモンド社刊、1993年)は、米国のバーバラ・ミント(Barbara Minto)氏による世界的ベストセラーで、ピラミッド …

誌上セミナー ロジカルシンキング用語集 第15回 ロジカル・ライティング (ろじかる・らいてぃんぐ)

ロジカルシンキングを使って分かりやすい文章を書くスキルをロジカル・ライティングと呼びます。 言葉より大事な?ロジカルな文章 eメールをはじめとして文章によるコミュニケーションはビジネス上多いものですが、意外なほど多くの人 …

誌上セミナー ロジカルシンキング用語集 第14回 フレームワーク思考 (ふれーむわーくしこう)

ロジカルシンキングのフレームワーク 「フレームワーク」とは、マーケティングの3Cや4Pなど、世の中によく知られたビジネスを分析する枠組みの総称を指します。 もともとは「フレームワーク」は「骨組み」や「枠組み」を表す英語で …

誌上セミナー ロジカルシンキング用語集 第13回 マインドマップ (まいんどまっぷ)

マインドマップは図解による思考のツールで、とくにアイデアを拡げるのに優れている。 英国の教育者トニー・ブザンが開発したと言われている。 前ページロジカルシンキング用語集第12回 仮説思考 (かせつしこう)を読む 次ページ …

誌上セミナー ロジカルシンキング用語集 第12回 仮説思考 (かせつしこう)

ロジカルシンキングの考え方の一つで、 今手元にある情報から最善の推測を考える方法論を意味する。 前ページロジカルシンキング用語集第11回 クリティカル・シンキング (くりてぃかる・しんきんぐ)を読む 次ページロジカルシン …

誌上セミナー ロジカルシンキング用語集 第11回 クリティカル・シンキング (くりてぃかる・しんきんぐ)

クリティカル・シンキングは英語では Critical Thinking。 クリティカル・シンキングは健全な批判的思考 英語のCriticalは、「本質的な」、「最低限必要な」、「重要な」など様々な意味を持つが、ここでは「 …

誌上セミナー ロジカルシンキング用語集 第9回 ディベート (でぃべーと)

説得力を競う「言葉のスポーツ」、ディベート ディベートとは、ロジカル・シンキングのスキルアップに役立つセッションで、いわば「言葉のスポーツ」です。 たとえば、「日本はサマータイム制を導入すべきか?」などの「お題」に対して …

ロジカルシンキング誌上セミナー 第8回  ロジカル・コミュニケーション (ろじかる・こみゅにけーしょん)

分かりやすく伝えるためのロジカルシンキング ロジカルシンキングの二大分野のうち一つ目がコミュニケーションで、簡単に言うならば、自分の考えを筋道立てて分かりやすく相手に伝えることです。 その基本中の基本は、自分の言いたいこ …

1 2 3 9 »
PAGETOP