ロジカルシンキングで主張と根拠をつなぐ演繹法

演繹法(えんえきほう)はロジカルシンキングを使ったコミュニケーションの際に使う考え方の一つで、「世の中ですでに知られているルール」を「事実」に当てはめてに論を展開する方法論を指します。

具体的な礼としては、「人間は必ず死ぬ」(ルール)、「ソクラテスは人間である」(事実)、「ソクラテスは必ず死ぬ」(主張)という論の展開になります。

このように、

  • ルール
  • 事実
  • 主張

という三つの要素から論が成り立っているところから、「三段論法(さんだんろんぽう)」とも言われ、昔からよく使われてきた方法論です。

なお、演繹法とともに有名な論理展開の方法として、帰納法があり、ロジカルシンキングで主張と根拠をつなげて論を展開する際には、演繹法・帰納法のいずれかを使うことになります。

演繹法の三大チェックポイント

「ルールを事実に当てはめる」という演繹法の説明を聞くと、「当たり前」と思うかもしれませんが、この「ルール」が以外とくせ者です。というのも、自分では当然の「ルール」と思っているものが、聞き手には共有されていないことも多く、「自分では論理が成立しているのに、他者から見ると飛躍して聞こえる」ということが起こります。

これをさけるために、演繹法を使う際には、「演繹法の三大チェックポイント」を押さえる必要があります。

具体的には、

  • 隠れた前提はないか
  • ルールの誤認(ルールでないものをルールと思いこんでしまう)はないか
  • ルールの誤適用 (ルールとケースのミスマッチ)はないか

という観点です。


前ページ
ロジカルシンキング用語集第19回 ピラミッド・ストラクチャを読む
次ページ
ロジカルシンキング用語集第21回 帰納法 (きのうほう)を読む
 
  演繹法 講座のページに戻る